「キムワイプ」でスマホの液晶画面を掃除してみました。その仕上がりや使い心地をレヴュー!

 

過去にTV番組で取り上げられて知った「キムワイプ」

放送直後にAmazonをチェックしていましたが、すぐに在庫切れとなっていました。その後、転売出品者によって価格も高騰。TV番組の影響は凄いですね。

しかし、一時的な在庫切れだと感じたので、買わずに価格が元に戻るまで待っていました。現在は通常価格で購入できます。

キムワイプは、日本製紙クレシア株式会社が製造・販売するローリントペーパー(ティッシュペーパー)です。

なぜTV番組に取り上げられるまでの商品なのかを見ていきましょう。




キムワイプの特長

ティシュペーパーと言っても、キムワイプは研究者や技術者に長年使用されている商品です。

理美容向けの紙製品を提供しているアメリカのキンバリー・クラーク社が、「光学レンズの研磨技師が布の代わりに正方形の紙を使用している」と聞いたことから開発されたようです。日本製紙クレシア株式会社はキンバリー・クラーク社と技術提携しています。

日本では、1969年3月にキムワイプS-200が発売されました。

キムワイプは以下のような特長があります。

  • 独自のクレープ加工(シワの入った紙に加工)することで、高い拭き取り性能と強度を実現している
  • 拭き取りの際に、毛羽立ちや紙粉が残りにくい
  • 長年に渡り、研究室での試験管やピベットなどのデリケートな試験器具の拭き取りに使われていると言う実績がある

クレープ加工により通常のティッシュとは違い凹凸がある

本体裏面の説明書きにもその特長が書かれています。





スマホの画面についた指紋や汚れで検証

キムワイプS-200のサイズは、折りたたむとスマホの画面を拭き上げるのにちょうどいい大きさです。

今回は汚れたスマホの画面を、キムワイプとメガネクリーナーで掃除してみました。

スマホ画面には指紋や小さいゴミが見てとれます。色の階調を変えても汚れている部分が分かります。

折りたたんだキムワイプにメガネクリーナーを吹きつけて拭き上げてみました。マクロモードで撮影していますので、液晶フィルムの粘着部分に引っついた小さいゴミは見えますが、画面自体は紙粉も残らずに綺麗に仕上がりました。

拭き上げる表面に毛羽が残らないのは素晴らしいの一言です。普通のティッシュで拭き上げたのと比べればその差は歴然です。

あと、小さいものは折りたたんで使用できますし、何かを磨き上げる時にも毛羽が残らないのでいい感じです。

キムワイプの種類

スタンダートなキムワイプS-200の他にも、サイズや用途違いのラインナップがあります。

キムワイプS-200

定番のスタンダートタイプ。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥1,363 (2021/10/16 17:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

枚数 200枚
サイズ 120mm×215mm(シートサイズ)
素材 パルプ

キムワイプS-200 mini

S-200よりも小さいサイズ。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥1,162 (2021/10/16 19:16:08時点 Amazon調べ-詳細)

枚数 200枚
サイズ 96mm×215mm(シートサイズ)
素材 パルプ

キムワイプ S-250 リントガード

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥1,284 (2021/10/16 19:16:09時点 Amazon調べ-詳細)

S-200より少し小さくて枚数の多いタイプ。

枚数 250枚
サイズ 112mm×215mm(シートサイズ)
素材 パルプ

キムワイプ M-150

定番のキムワイプS-200よりも大きいレギュラーサイズ。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥990 (2021/10/16 22:31:02時点 Amazon調べ-詳細)

枚数 150枚
サイズ 225mm×210mm(シートサイズ)
素材 パルプ

キムワイプ L-100

キムワイプシリーズのなかで最も大きなビッグサイズ。※単品がヒットしないので商品リンクはAmazon発送の箱買いページを貼っています。値段も出品者によりまちまちなので、単品が欲しい時は楽天市場で探すといいかも知れません。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥8,600 (2021/10/16 19:16:09時点 Amazon調べ-詳細)

枚数 100枚
サイズ 470mm×425mm(シートサイズ)
素材 パルプ

キムタオルとJKワイパー

同社には「キムタオル」「JKワイパー」と言う商品もあります。

キムタオルは、毛羽立たない紙ワイパーで、衛生的で便利な使い捨てのタオルと言った認識でいいでしょう。

主に製造業や医療現場などで、大量の液体や汚れを拭き取る作業に使われているようです。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥573 (2021/10/17 02:08:30時点 Amazon調べ-詳細)

JKワイパーは、独自のクレープ加工により、シート表面の凸凹がキムワイプよりも大きく厚みがあるタイプになります。工業用グリスなど粘性の高い液体や油汚れの拭き取りに適した工業用ウエスの代わりになるハードタイプの紙ワイパーです。

キムワイプより厚みがあるので質感も違います。引っ張ってもある程度頑丈なので、研磨剤で何かを磨く時などにも使えそうです。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥1,810 (2021/10/17 01:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

キムワイプの総評

独自のクレープ加工により、拭き取り性能と伸張性が高く破れにくいので使い勝手がいいです。

特にガラス面などは毛羽が残ると目立ちますので、そんな時に大活躍してくれそうです。

また、注意点としては、水に溶けないのでトイレに流すことはできません。

ちょっとした汚れを綺麗に拭き取りたい時や、クリアに保ちたい物の掃除には最適だと感じました。

家庭用途なら1箱でも200枚入っているのでコスパも良さそうです。私は6箱入りを購入しましたが、そんなに高くありませんし、これは普通におすすめできる逸品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事