GoogleChromeの拡張機能マウスジェスチャーの設定や使い方

   2019/03/15

この記事のURLをコピーする

普段メインブラウザはIE、サブブラウザにChromeを使っていたのですが、マウスジェスチャーがあるとないとでは操作性が大きく変わってきます。

IEの場合、変にアドオンを追加すると重たくなるので極力入れたくなかったのです。IE用のマウスジャスチャーアドオンも入れていなかったので、調べたところ、公開停止になっていたり公式からダウンロード出来なかったりと色々面倒臭い。

やっぱりメインブラウザはChromeにしようかと思う今日この頃です。

マウスジェスチャーとは右クリックを押したままドラッグすることで、様々な操作を可能にする便利な機能です。マウスボタンに割り当てられていない操作を登録すれば、操作性が格段に上がります。

Google Chromeだと導入も簡単だし使い勝手も良いです。私が使っているのはMouse Gestures for Google Chromeと言う拡張機能です。



Mouse Gestures for Google Chromeの追加方法と使い方

ウェブストアから拡張機能にチェックを入れ、アプリ検索ボックスにMouse gesturesと入力すればTOPに表示されます。

上画像赤枠ならどちらからでもウェブストアに行けます。あとは下画像の赤枠部分を確認しながら進めていきます。



完了したら、キーボードショートカットのAlt + Fキーで設定画面を開き、LキーEキーの順で入力すると拡張機能一覧の画面になります。赤枠のオプションをクリックするとマウスジェスチャーの設定が出来ます。

デフォルトで登録されているマウスジェスチャーの編集、削除などが出来ます。新規で作成したマウスジェスチャーもこの画面に追加されます。新規でマウスジェスチャーを作成するには赤枠をクリックします。

すると下のような画面になるので、右クリックを押したまま好きな方向にドラックし、OKをクリックで作成完了です。

作成したマウスジェスチャーは、先ほどの編集画面で編集します。戻る、進む、更新、スクロール、タブ操作などを登録出来きます。

以上がMouse Gestures for Google Chromeの追加方法と基本的な使い方です。



スーパードラッグの設定方法と使い方

このMouse Gestures for Google Chromeにはもう1つスーパードラッグと言う機能があります。

スーパードラッグは、リンク、もしくはテキストを選択した状態で、通常の左押しドラッグをすると機能します。

例えば、

ここをコピーしたい

場合、この状態で選択部分の上をもう一度ドラッグ(登録した方向、右なら右)するとコピー出来ます。

コピーよりGoogleで開くに設定した方が便利だと思いますね。選択した用語を調べたい時や、関連サイトを調べたい時に便利です。

リンクの場合もカーソルをリンクに当てた状態でドラッグすればOK。新しいタブで開くなどが設定出来ます。

設定画面は下画像で、スーパードラッグの項目にチェックを入れると赤枠のDrag Actionsが追加されるのでそこをクリックします。

左がリンク、右がテキストを選択した時のドラッグ操作。赤枠で新規作成。

以上がスーパードラッグの設定方法と使い方です。

自分好みの仕様にすれば、通常のマウス操作だけでは物足りなく感じて元には戻れないはずです。痒いところに手が届くので非常に便利。

私はページトップまでスクロールや、ページ最下部までスクロールなどをジャスチャーに登録しています。

IEを使う時にこの操作を無意識にしてしまうのですが、当然何も機能しなくて「やっぱりChromeじゃないと不便だ!」となります。。

最初からChrome使えよ!な記事でした。

この記事のURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事