AddQuicktagで設定ボタンを押すとエラーになる時の対処法

 

この記事のURLをコピーする

ワードプレスのプラグイン「AddQuicktag」はHTMLエディターとビジュアルエディターで定型文をボタン1つで入力できる便利なプラグインです。

しかし、AddQuicktagで定型文を設定した後に設定ボタンで更新しようとすると403エラーが表示される時があります。

この理由は利用しているサーバーのWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を有効にしているからです。

WAFとはWebアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebアプリケーションを保護するセキュリティ対策の1つです。

WAFを無効にする

AddQuicktagを編集して更新する時にはWAFを一時的に無効にします。

利用しているサーバーにより、サイトセキュリティの項目にWAFの設定項目があるはずです。

例えばConoHa Wingだと下画像のようにサイト毎にWAFの設定項目があります。これをOFFにします。

OFFにしてAddQuicktagを更新すると403エラーは表示されません。更新できたらWAFを再びONにしておきましょう。

おまけ WAFの設定

ConoHa Wingでの話しになりますが、WAFの設定画面では過去に受けた攻撃が確認できます。

定期的に攻撃元のIPアドレスはIPアクセス制限に追加します。ただし、中には自分のグローバルIPアドレスがあったりもしますので、確認くんなどで自分のグローバルIPアドレスではないかどうかを確認しておきます。

編集するには鉛筆のアイコンをクリックして、ブラックリストの項目にアドレスを改行しながら書いていきます。あとは保存するだけです。

ConoHa WINGでワードプレスを始めるまでの手順を公開。料金や解約方法は?

この記事のURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事