タッチタイピングは練習あるのみなのか?驚愕のスコアを叩き出す

   2019/01/25

パソコン歴は10数年になるけど、キーボードタイピングが今でも苦手だ。記事を書いているのにこれは致命的(笑)タッチタイピングがどうしても出来ない。

パソコンを扱いながら接客する仕事は、タッチタイピング必須だろう。人指し指でデスノートのL風タイピングをしていたのでは話にならないし、ケンシロウ並みに百烈タイピングされても半笑いになるだけだ。

以前、携帯ショップのお姉さんがタッチタイピングでカタカタしているのを見て衝撃を受けた。まず無駄な動きがない。そして指を移動する際にほぼキーから指が離れていない。

擬音で言うならカタカタじゃなくガジャガジャと言った感じ。あれくらいスマートだと様になる。

私も一時ホームポジションを覚えて、タイピング練習サイトなどで練習していた。ある程度は上達したと思うけど、今だに手元を見てしまう。

タイピングは毎日少しの時間でもいいから練習していれば、いずれタッチタイピング出来るようになるらしいけど、タイプミス時のバックスペースをタイプミスすると言うストレス地獄に我慢ならず止めていた(笑)

どうしても小指が思うように動かない。「これってやっぱ適性あるんじゃないの?」と思ってしまう。

でも記事書くようになってから、さすがにタッチタイピングしないと効率悪いのでまた練習することにした。まずはこのサイト。タッチタイピングで挑戦。

e-typing

結果。

「ダサッ」の声が聞こえてきそうだけどこれが真実なのだよ。UとかIとか上段が苦手。でもホームポジションに従わなくてもタイピングしやすければ問題なしとなってる。やったぜ!

意気揚々と次だ!難易度はNormalで行く!

皿打 Sara-Da

結果。

嘘やろ!前はクリア出来たのに・・・。これはキーワードが目移りするから仕方ない!と自分を納得させる。

次だ!毎日1回練習用で挑戦!

myTyping

結果。

タイプミスが半端ない上スコアも低い・・・。あーむずい!

なんかミス連発すると叫びたくなって来る。ストレスがボディブローの様に溜まってくるのが分かるんだよな。しまいにゃキーを手のひらで全押ししたくなる(笑)

これはキーボードの使用感も左右されると思う。キーボード変えて練習してみるかな~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事