楽天カードの引き落とし口座を予定通り半年で変更しました

   2019/06/25

楽天カードを作った時の記事に書いた通り、引き落とし口座を楽天銀行から他行に変更しました。

理由は楽天銀行の場合、3万未満の入金に手数料がかかるからです。ただ、口座開設から半年間はATM手数料の無料回数保証があります。

ハッピープログラムもがんがん貯蓄&サービス利用しないとなかなかステージが上がりません。

先日ふと楽天銀行にログインしてみると、ATM手数料無料保証回数が無くなっていました。半年経ったと言うことです。

今はネットバンクの選択肢も多いです。私の場合、クレジットカードの引き落とし口座は資金管理の面で給与振込口座とは別にしています。

なので楽天カードを使った月は入金の必要があります。その都度、入金手数料を取られるのは嫌なのでとりあえず入金手数料のかからない住信SBI銀行の口座に変えました。




楽天クレジットカード引き落とし口座変更手順

引き落とし口座変更は楽天e-NAVIからすぐに出来ます。

楽天e-NAVIにログインしてお客様情報をクリック。お支払い口座の照会・変更をクリック。


あとは変更可能な銀行一覧がありますので、そこから他行のHPに移って口座番号などの情報を入力するだけです。


引き落とし口座変更完了画面が表示されます。





変更した口座からの引き落としはいつから?

引き落とし口座完了画面にも一応表示されていますが、

  • 支払い月10日の21:59までに口座変更した場合は当月から
  • 支払い10日22:00以降に口座変更した場合は翌月から

 

となっています。


あとがき

住信SBI銀行でもスマートプログラムと言うものがあり、利用状況などでステージが決まるんだよなー。最近はこの手のプログラムでステージ分けされる銀行がほとんどじゃないかな?

「どんどん貯金してね~額が大きいほど優遇しますよ~色々な金融商品扱ってますんでそっちも利用してね~優遇しますよ~」

「金利は?」

「・・・」

の状況だから困る。ATM手数料の無料回数が決まっている以上、小額貯金なら下手に出金するだけでマイナスになるんだよなー。かと言ってタンスもね。。。

ちなみに住信はATM出金手数料無料回数は2回、他行振込み無料回数は1回になってた。前は気にしなくていいくらい回数付いてたのにね。また他のネットバンクも検討しようと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事